日本の現実

 

30年前から私たちの住む日本がどれだけ豊かになったのか知っていますか?

 

30年前現在
普通預金の金利6%0.001%
平均年収471万円436万円
生涯未婚率6.6%22%
社会保険料月に3万円月に6.5万円
消費税3%10%
日経平均株価3万円2.8万円

 

どうでしょうか?

30年前と比べて豊かになるどころか貧しくなるような仕組みになっています。

出費は増え収入は減る仕組みです。

これでは結婚して家庭を持つという事に夢も希望もなくなったのか生涯未婚率も上がっています。

すこしでも貯金しようとしても利息は付かず、貯金を引き出そうとすると手数料を取られます。

すこしでも貯金しようとしても利息は付かず、貯金を引き出そうとすると手数料を取られます。

給料は増えるどころか減っています。

それはそうなりますよ、
日本の有名な株の平均の日経平均株価が増えるどころか減っているのですから。

物価は確実に上がっています。

確実に物の値段はあがっているのはテレビやネットでも値上げのニュースを見て身近な事なので皆さんもわかっているはずです。
円安も手伝って輸入する物の値段が上がっています。

国産のお肉なども飼料で輸入穀物などを使うので、値が上がると予想されます。

私たちは30年変わらずの収入で充分節約や制限をした生活をしています。

これ以上豊かに暮らすには、今の生活を維持するにはどうすればいいのでしょうか?

 

収入を増やす方法しかありません。

投資や債券、不動産など預金しても増えないお金を違うものにシフトする。

副業をするなど本気で考えないと生きていくことが出来ない時代になってきています。

投資や債券、不動産など預金しても増えないお金を違うものにシフト

 

 自分の身は自分で守りましょう。

 

おすすめの記事