FXでは思うだけの逆指値を
FXでは思うだけの逆指値を絶対にしてはいけません。

心の中で逆指値を「ここになったら損切りしよう」
と決めておくなどする事なのですが、
損切りは経費のうちの一つなので間違った方向に行けば損切りをしなければなりません。

FXでは思うだけの逆指値を絶対にしてはいけません。

ですが、初心者の人はここまで行ったら損切りすればいいと漠然と思ってはいるものの、実際その時が来るとルールを破って損切りする事が出来ません。

なぜできないのか、人間は損を限りなく避けたいと考えてしまいます。

避けたい=先延ばしにしてしまいます。つまり損を確定しないという事になります。

心理学の一つ「プロスペクト理論」でもありますが、不確実性下での人間の意思決定について説明した理論です。

投資において損をしていると、さらに大きく出てしまい、結局負けを増やす。

損切り出来ない時もそのままにしておくとドンドン損が膨らむという事です。

どんどん損が膨らむと益々損切りが出来なくなります。
最終的に強制ロスカットされてしまう事になります。

したがって思うだけの逆指値はやらないでください。

 そして、損切りが上手く言っても取り換えそうとしないでください。

 

例えばパチンコで1万円負けてしまったのにも関わらず、1万円の損を取り戻そうとするためにさらにつぎ込んでしまう。
パチンコで1万円負けてしまったのにも関わらず、1万円の損を取り戻そうとするためにさらにつぎ込んでしまう。

 

「損をしたくない!」という欲求が働くからです。

理由はもしかしたら1万円の損失を避けることができるかもしれない!と無意識に感じるのです。
 

冷静な判断をしないといけないのに感情的になるのは人間の心理を攻略できてないと言えます。

 

おすすめの記事