ユダヤ人が成功して

ユダヤ人が成功して裕福な暮らしをしている人や優秀な実業家が多いのは知っている人が多いと思いますが、実はユダヤ人の間で受け継がれているルールがあるのです。

一つ目は、聞き上手になりましょう。
聞き上手になりましょう
賢い人は質問し相手に喋らせる、愚かな人は自分のしたい話ばかりするのだそうです。
成功したいなら相手の話を自分の話す2倍聞きなさいと子供のころから教えられています。
二つ目は見ずに観察しなさい。
見ずに観察しなさい
人を見た目で判断するのではなく観察しその人が何を考えどうした事を思っているか、どんな知恵を持っているのかこれを見極めることがとても重要です。
最後は不幸を悲しむのは不幸が起こってからでも遅くない。
不幸を悲しむのは不幸が起こってからでも遅くない
心配ばかりして行動を起こさない程、愚かな事です。起きても無いことに不安をもち何も行動しない事が一番愚かな事です。

 

ユダヤ人は「教育にお金をかけること」で知られていますが代々受け継がれているルールがあるのです。

こんな教えもあります。

「どんなに裕福な金持ちであっても助け合いの個々を持たない人間は豪華な食事に塩がないのと同じ事だ」
この「貧しい者に手を差しのべよ」というのは、ユダヤ教には「ツェダカ」という寄付の仕組みで、裕福な人も貧しい人も、収入の10%を寄付することになっている。

こうした相互扶助、助け合いの精神は、ユダヤ人たちの起業やチャレンジを後押ししているのでしょう。

私たちも起業し成功しても日本人でありますが、このユダヤ教の教えの助け合いの気持ちは忘れたくはありませんね。

 

おすすめの記事